Collection: BRITTO

Who is "Romero Britto"?

Born in Recife, Brazil in 1963, Romero Britto taught himself to paint from an early age using newspapers and other materials as a canvas. He has created a vibrant, iconic, and unique style that fuses Cubism and Pop. Characterized by his unparalleled and groundbreaking approach, he has been described by the international art media as a modern-day Picasso due to the similarities of his innovative style.

「ロメロブリット」とは?

ロメロ・ブリット氏は、1963年にブラジルのレシフェに生まれ、幼いころから新聞紙などをキャンパスに独学で絵を学びました。20歳の時に訪れたフランス、パリでマティスやピカソの作品に影響を受け、キュービズムとポップを融合させた、鮮やかでアイコニックな独自のスタイルを生み出しました。他に類を見ない画期的なアプローチを特徴とし、各国のアートメディアでは、その斬新なスタイルの類似点から、現代のピカソとも評されています。